製品案内
組込みネットワーク製品
CAN
CANopen組み込みソフトウェア& ツール

CANopenブートローダー

CANopenブートローダー
CANopenのブートローダーデバイスに特化して、CANopenスタックの機能を抽出した組み込みソフトウェアです。


CANopenネットワークにおいて、CANopenデバイスの数が多くなると、フィールド内のデバイスのファームウェアをアップデートするために、ブートローダーが必要になります。ブートローダー開発にすべての機能を含んだCANopenスタックを使うことはフラッシュメモリーのフォットプリントを増大させるため適切ではありません。
このようなフラッシュメモリーの無駄を排するためにemotas CANopenブートローダーは、必要メモリーを少量に抑えてるために、ブートローダーとして必要最低限のサービス(SDO、NMTスレーブ、ハートビートプロディユーサー)とオブジェクトのみをサポートしています。そのため、CANopenデバイスとしての互換性を保ちながら、フラッシュメモリーのリソースを6〜8kBという省メモリー化を達成しています。

CANopenブートローダーは、のさまざまな16ビット、または32ビットのマイクロコントローラーで使用可能で、また他のターゲットにも容易に適合できます。SDOブロック転送もオプションで対応可能です。ANSI-Cソースコードの製品ですので、パスワード保護のメカニズム、ファームウェアの暗号化、製造者独自のバックドアなどのお客様独自の拡張が可能です。

特長
・CANopen仕様互換
・セグメント化SDO転送
・SDOブロック転送
・非常に少ないフラッシュメモリーフットプリント

システム要求条件
本製品をご利用になる場合、ANSI-Cコンパイラーが必要です。

また、CANopenスタックとCANドライバーは別製品になります。
CANドライバーはCANコントローラー、CPUタイプにより異なります。

現在のサポート状況はメーカーWEBサイトに記載があります。
https://www.ixxat.com/products/products-industrial/protocol-sw-and-apis/emotas-supported-controllers

最新の対応状況や、お客様お使いのCANコントローラーの対応状況などは、弊社までお問合せください。

ライセンス形態
本製品は、ソースコード製品で、お客様の使用範囲で次のライセンス形態からお選びいただきます。

プロジェクトライセンス
プロジェクトライセンスは、1ハードウェア、1製品に対して適応されるライセンスです。

サイトライセンス
サイトライセンスは開発サイトに適応されるライセンスで、複数製品、複数ハードウェアにスタックを使用できます。

製品内容
製品内容はライセンス形態によって異なります。

・CANopenブートローダー
・CANドライバー
・サンプルアプリケーション
・ユーザーマニュアル
・リファレンスマニュアル
・CANopen UpdateManager(シングルユーザーライセンス)

・6か月間のサポート(プロジェクトライセンス)
・2年間のサポート(サイトライセンス)

ご注意
メンテナンス/サポートはオプションにて延長可能です。

オーダー番号
EM-1001-10-Pemotas CANopenブートローダー
プロジェクトライセンス
EM-1001-10emotas CANopenブートローダー
サイトライセンス

この製品に関するお問合せはこちら

このページの先頭へ