事例紹介
トップページ事例紹介ボイスコイルモータ制御例>ボイスコイルモータ(VCM)の位置制御

ボイスコイルモータ制御例

ボイスコイルモータ(VCM)の位置制御

ボイスコイルモータ(VCM)の位置制御
VCMの位置制御を行うために、VCMのフィードバックとして、リニアスケールなどの位置センサを取り付ける必要がある。
そのフィードバックに基づいて、VCMの位置制御や速度制御が行われる。
Copley社のサーボアンプは電流ループ、速度ループ及び位置ループの各種パラメータを設定でき、制御系の最適な調整ができる。
左の図はそのときの制御ループを示す。

フィードバック信号としては、インクリメンタル・エンコーダのようなA、B、X信号のものが使用される。
また、アンプによっては、XenusやAccelnetなどのようにアナログSin/Cosエンコーダ(1Vp-p)信号も使用可能の物がある。
アナログSin/Cosエンコーダの分割数は最大1024に設定できるので、20μmのピッチのアナログエンコーダでは20nm、40μmのものでは40nmの分解能で制御できる。


この商品で実現できます!
この事例に関するお問合せはこちら

このページの先頭へ