事例紹介
トップページ事例紹介サーボドライバ制御例>サーボアンプ、駆動プログラム呼び出し機能

サーボドライバ制御例

サーボアンプ、駆動プログラム呼び出し機能

サーボアンプ、駆動プログラム呼び出し機能
Copley社のサーボドライバ/サーボアンプには、いくつかのプログラム・シーケンスを登録して、必要に応じてそれらのシーケンスを呼び出すことができる機能がついている。
これらシーケンスを書いたプログラムのことを「インデクサ」と呼ぶ。
「インデクサ」は、左に示すCVM Control Programと書かれたブロックをクリックすることで操作ができるようになる。


最大32個のシーケンスをドライバ内に保管し、読み出し、実行できる。
各命令は、下図に示されるように位置制御、速度制御、電流制御のいずれでも、動作させることができるし、各種セットアップ、条件待ちやデジタル出力の制御もできるようになっている。
また、カム動作も同様にプログラムできる。
シーケンスの実行は、デジタルI/Oによって、シーケンス番号の呼び出しによって行われるが、RS232Cポートからの呼び出しも可能である。


この商品で実現できます!
この事例に関するお問合せはこちら

このページの先頭へ